太らない飲み方って

「最近飲み会ばかり続いて太ってしまって…」なんて人の声を耳にすることも多いと思いますが、そもそも何故お酒を飲み過ぎると太りやすくなるんでしょうか?
人間の肝臓は、糖質や脂質よりもアルコールを優先的に分解しようとする性質を持っています。このため、分解されずに残ってしまった糖質や脂質が脂肪になってしまうのです。また、お酒には人の満腹中枢を麻痺させ、食欲を増進させる作用があります。このため、本当はお腹一杯のはずなのにもっと食べたいという気持ちになり、つい食べ過ぎてしまうんですね。
太らないためにはお酒を飲まないのが手っ取り早い手段ですが、それは酷というものでしょう。上手なお酒の飲み方を学ぶことが大切です。まずはお酒と食べ物の適量を知り、飲みすぎないこと、食べ過ぎないことが重要です。お酒も、ビールや甘いお酒はなるべく避け、糖質が少ないお酒を選びましょう。ビールをどうしても飲みたいという方は、乾杯の一杯だけにとどめましょう。お酒とお酒の間にお茶や水を挟むことも重要です。こうした太らない飲み方を学び、実践してみてはいかがでしょうか。