勧めたお酒嫌がられていませんか

一人で飲むのが好きな人もいれば、複数人で飲むのが好きな人もいるでしょう。
また、「人に飲ませるのが好き」という人も中にはいると思います。
目上の人から勧められたお酒は断ってはいけない、という雰囲気はいつからあるのでしょうか。

最初の一杯くらい飲めなきゃノリが悪いと思われる、場の雰囲気を壊してしまうかもしれない、断ると今後の関係に悪影響がでるかもしれない。
様々な要因で内心嫌だと思いつつも注がれたお酒を無理に飲んでいる方もいるのではないでしょうか。

しかし飲み会の度に嫌な思いをするのであれば、最初の段階で、「自分はお酒が飲めません」「明日早いので今日は飲みません」と言い切ってしまう勇気が必要だと思います。
もしそこで何か言われたり嫌な態度を取られたら、その方とは付き合い方を考えるべきです。相手の都合や気持ちを感じ取ってあげられない方は全く違う場面でも高圧的な態度を取る可能性があります。

 

では、どうして人にお酒を勧めたくなるのでしょうか。
考えられる要因としては、場の空気を和ませたいから、盛り上げたいから、相手の緊張をほどいて楽しくコミュニケーションを取りたいからだと思います。ほとんどの方は良かれと思って勧めているでしょう。
そこにこの問題の原因はあると思います。
良かれと思って勧めたものを断られると、落胆したり傷ついてしまうでしょう。
部下や年下の方に善意を受け取ってもらえなかったという気まずさが、怒りになることもあると思います。

しかし発想の転換で状況や見え方は変わってくると思います。主観的な判断を続けていくよりも視野が広い人になるでしょう。
例えばこの人は物事をはっきりと伝えられる度胸のある人だ、お酒が苦手ならどうやってストレス発散をしているのか聞いてみよう、などと相手に寄り添った考え方が出来ると思います。
強引なコミュニケーションよりも確実に相手から好感を持たれるはずです。

また、ある程度飲める方に勧める場合も注意が必要です。〝ある程度″の限度は人によって様々です。
途中までは元気そうだったがビール5杯を超すと一気に調子が悪くなるといった、他人には分かりようもない事情がある人もいます。お酒が強い、弱いは生まれ持っての体質や体調、味の好みなどで一概に言い切れるものではありません。

 

全くお酒を勧めるな、という極端な話ではなく、相手がハッキリ断れる性格なのか、本当は嫌な思いをしているのではないか、相手の背景の事情を鑑みて行動すると良いと思います。