勧めたお酒嫌がられていませんか

一人で飲むのが好きな人もいれば、複数人で飲むのが好きな人もいるでしょう。
また、「人に飲ませるのが好き」という人も中にはいると思います。
目上の人から勧められたお酒は断ってはいけない、という雰囲気はいつからあるのでしょうか。

最初の一杯くらい飲めなきゃノリが悪いと思われる、場の雰囲気を壊してしまうかもしれない、断ると今後の関係に悪影響がでるかもしれない。
様々な要因で内心嫌だと思いつつも注がれたお酒を無理に飲んでいる方もいるのではないでしょうか。

しかし飲み会の度に嫌な思いをするのであれば、最初の段階で、「自分はお酒が飲めません」「明日早いので今日は飲みません」と言い切ってしまう勇気が必要だと思います。
もしそこで何か言われたり嫌な態度を取られたら、その方とは付き合い方を考えるべきです。相手の都合や気持ちを感じ取ってあげられない方は全く違う場面でも高圧的な態度を取る可能性があります。

 

では、どうして人にお酒を勧めたくなるのでしょうか。
考えられる要因としては、場の空気を和ませたいから、盛り上げたいから、相手の緊張をほどいて楽しくコミュニケーションを取りたいからだと思います。ほとんどの方は良かれと思って勧めているでしょう。
そこにこの問題の原因はあると思います。
良かれと思って勧めたものを断られると、落胆したり傷ついてしまうでしょう。
部下や年下の方に善意を受け取ってもらえなかったという気まずさが、怒りになることもあると思います。

しかし発想の転換で状況や見え方は変わってくると思います。主観的な判断を続けていくよりも視野が広い人になるでしょう。
例えばこの人は物事をはっきりと伝えられる度胸のある人だ、お酒が苦手ならどうやってストレス発散をしているのか聞いてみよう、などと相手に寄り添った考え方が出来ると思います。
強引なコミュニケーションよりも確実に相手から好感を持たれるはずです。

また、ある程度飲める方に勧める場合も注意が必要です。〝ある程度″の限度は人によって様々です。
途中までは元気そうだったがビール5杯を超すと一気に調子が悪くなるといった、他人には分かりようもない事情がある人もいます。お酒が強い、弱いは生まれ持っての体質や体調、味の好みなどで一概に言い切れるものではありません。

 

全くお酒を勧めるな、という極端な話ではなく、相手がハッキリ断れる性格なのか、本当は嫌な思いをしているのではないか、相手の背景の事情を鑑みて行動すると良いと思います。

太らない飲み方って

「最近飲み会ばかり続いて太ってしまって…」なんて人の声を耳にすることも多いと思いますが、そもそも何故お酒を飲み過ぎると太りやすくなるんでしょうか?
人間の肝臓は、糖質や脂質よりもアルコールを優先的に分解しようとする性質を持っています。このため、分解されずに残ってしまった糖質や脂質が脂肪になってしまうのです。また、お酒には人の満腹中枢を麻痺させ、食欲を増進させる作用があります。このため、本当はお腹一杯のはずなのにもっと食べたいという気持ちになり、つい食べ過ぎてしまうんですね。
太らないためにはお酒を飲まないのが手っ取り早い手段ですが、それは酷というものでしょう。上手なお酒の飲み方を学ぶことが大切です。まずはお酒と食べ物の適量を知り、飲みすぎないこと、食べ過ぎないことが重要です。お酒も、ビールや甘いお酒はなるべく避け、糖質が少ないお酒を選びましょう。ビールをどうしても飲みたいという方は、乾杯の一杯だけにとどめましょう。お酒とお酒の間にお茶や水を挟むことも重要です。こうした太らない飲み方を学び、実践してみてはいかがでしょうか。

女性のモテ飲みって

女性なら、お酒の席でモテる飲み方を知っておきたいと思うのが自然な事ですよね。
若い女性が飲んでいるのを見ると可愛く見えたりする事ってないですか?お酒の飲み方をあまり知らないのかなと思うような飲み方で、よく「酔っ払った」なんて言葉を聞く事もあるでしょう。
でも、そんな飲み方って若いから許されるみたいな感じありますよね。それと同じことを多少、お酒の事をわかってきた人がやるとどうでしょう。
一緒に飲んでいるのもそうですが、見てる側も少し思う所があったりするはずです。若いわけじゃないのに、お酒の飲み方も知らないなんて思われてはモテ飲みから遠ざかります。

男性は、女性の飲み方をけっこう見ていたりもします。お酒が好きか嫌いかや自分の飲める量をわかっているのかなどを見たりします。
なんでと思うでしょうが、自分がこの子と飲みに行ったときの事をイメージするからだと思います。
一緒に飲みに行くのに、つまらない子だと楽しくないし、酔っ払いすぎて介抱する事にはなりたくないなと思ったりするんです。

女性のモテ飲みは、まずは相手へのボディタッチでしょう。ボディタッチっと言っても過度なのはよくありません。適度な感じが理想的だと思います。
お酒の飲むピッチを適度に周りとペースを合わせる事だと思います。ハイペース過ぎるとツライのでそこは考えて飲むようにして、周囲と同調しているんだと思わせることです。
後は、女性らしさをアピールしすぎない事です。女性同士ならまだしも、男性がいる前だとついついアピールしすぎてしまうと他の女性から「何」と思われてしまいます。
女性のモテ飲みにおいて、異性はもちろんですが、同性からも好かれるように飲めることが大切だと思います。

飲み方は大丈夫かな

お酒はスマートに飲んで楽しむのがいいと言ってきました。でも、お酒を飲んでいて呑まれてしまう人も見てきたでしょうし、自分もなった経験あるのではないかと思います。
やっぱり、嫌だなと思う飲み方は「声がどんどん大きくなる」事ではないかと思います。お酒を飲んでいる場所が自宅など、自分達だけしかいないならそこまで気にならないかとは思います。
お酒を飲んでいるとしたら、たいていの人は居酒屋で飲んでいるケースが多いと思います。
他にもお客さんがいるような場所で、声が大きくなると周りに迷惑がかかってしまいますよね。声が大きくなる人ってけっこういるらしいですよ。

人によるでしょうが、絡み酒ですね。絡み酒は、男性も女性もかなり見栄えは悪いと思います。なぜと思うでしょうが、自分達の仲間うちだけに絡んでいるならまだしも、知らない人に絡んでいくなどをする事もあるんです。絡み酒をすると多くの人に迷惑がかかってしまうので、自分にそのクセなどがないか気をつけた方がいいとは思いますね。迷惑をかけた事も忘れるほど飲んだらもっとだめですし、絡み酒で喧嘩になる事だってあるでしょう。

お酒を飲んだときに、○○上戸なんて言葉聞いた事がある人もいると思います。まだ許せるのは、きっと笑い上戸だと思います。ただ笑ってるだけで、少しうるさく感じるかもしれないですが他よりはいいと思います。
泣き上戸や怒り上戸だと大変ですよ。泣き上戸に多いのは、女性らしいですが女性がお酒の席で泣いていると少し周りの視線が気になってしまいますよね。男性の場合は、おおにして失恋などを連想するでしょう。
一番は怒り上戸だと思いますね。お酒を飲んでいていきなり怒り出すんですから、何よりもびっくりです。そして、それが関係ない人までいくこともあるでしょう。
絡み酒と怒り上戸は一緒には飲みたくないタイプだと思います。